2018年05月30日

西城秀樹さんのこと

banner_kyowacontact_s.gif















なんだか、
とても長い間、
西城秀樹さんのことを
忘れていたように思います。



しかし、数々のヒット曲を
ひとつひとつ思い起こしてみると、
自分でも意外だったのですが、
歌詞を見ずして
おおむね歌えちゃうじゃありませんか!




チャンスは一度
情熱の嵐
ちぎれた愛
薔薇の鎖
激しい恋
傷だらけのローラ
涙と友情
この愛のときめき
恋の暴走
君よ抱かれて熱くなれ
ジャガー
若き獅子たち
ラストシーン
ブーメランストリート
ボタンを外せ
ブーツをぬいで朝食を

ブルースカイブルー
遙かなる恋人へ
YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
ホップ・ステップ・ジャンプ
勇気があれば
眠れぬ夜
南十字星
ギャランドゥ
抱きしめてジルバ
走れ正直者


・・・・といった代表曲、
ヒット曲が平然と歌えてしまう
この自分は
いったいどうなっちゃったのでしょう?




もともと一所懸命に
彼の楽曲を
聴きこんでいたわけではありません。




なのに、いつの間にか
自分の記憶や、
体内の律動のようなものの中に
ヒデキなものが
刷り込まれてしまっていたのです。



今はもう失われてしまいましたけど、
90年代ぐらいまであった
ヒット曲ってやつが
人体に浸透していく構造ってのは
そういうものだったのかもしれません。
きっとそれが、
大衆性というものなのでしょう。






「ブルースカイブルー」という曲は
おそらくは
人妻や年上といった
当時のモラルでは
叶わない恋人への決別を歌ったものです。


この時期のヒデキは
「ラストシーン」や
「遥かなる恋人へ」など
倫理的な理由から愛する女性と
別れなければならない切なさを歌った楽曲が
多かったように思います。





「ブルースカイブルー」の
エンディング部分で・・・・




青空よ 心を伝えてよ
悲しみは あまりにも大きい
青空よ 遠いひとに伝えて
さよならと





ヒデキの熱唱が
少しずつフェイドアウトしていって
それまでバックにあった
女性コーラスが
大きくフェイドインして、
ヒデキの声が消えていきます。



出棺の時のこの曲が流れて、
女性ファンたちの喚声に送られて
ヒデキを乗せた車が
遠く消えていったのでした。





 
posted by カマタ君 at 18:13| Comment(0) | 蒲田情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

大田区役所、出現。


banner_kyowacontact_s.gif







長くかかった
蒲田駅東口前の解体工事が
ようやく終了。


今までビルの陰に隠れていた
大田区役所が姿を現しました。


蒲田は大田区の首都。


やっぱり
こうでやくちゃね。






蒲田駅東口.jpeg
posted by カマタ君 at 13:00| Comment(0) | 蒲田情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

蒲田に春が来ました


banner_kyowacontact_s.gif





蒲田駅東口、
ロータリー。


夜桜です。





蒲田 夜桜 2018.jpeg







 
posted by カマタ君 at 10:13| Comment(0) | 蒲田情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする