2014年01月04日

東京チカラめし蒲田店さん、焼き牛丼320円で大満足ぅ〜!

banner_kyowacontact_s.gif



東京チカラめし 蒲田店さん.jpg





この数年間で都内でも
やたら目につくようになってきた
東京チカラめし。



蒲田にもできてるんですよ!
京急に行くアーケード、
あすとの手前ぐらいに。



あのオレンジ色の看板に
「チカラ」の文字が
チカラ強く書かれているのが目に入ると、
「肉が食べたい!」という欲望が
グーン!と上昇してしまうのです。




東京チカラめし 蒲田店さん 焼き牛丼.jpg




今までの「単なる牛丼」ではなくて、
焼肉をのせた「焼き牛丼」にしただけなのに。
どうしてこのアイデアに
誰も気づかなかったんでしょ??



確かに焼肉屋さんとかに行って、
ライスを食べながら焼肉を食べるのって
やたらおいしいし、
食欲が過剰に進んじまいます!!



焼き牛丼は
肉もしっかりと焼いてありますし、
枚数も多いし、
並盛り320円でお味噌汁付き、
これ、価格的にも、
量的にも、味的にも
十二分に満足できますって!




◆ 東京チカラめしオフィシャルサイト
http://www.sankofoods.com/shop/chikara/




2011年02月07日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店L 〜虎鉄(こてつ)

banner_kyowacontact_s.gif

協和コンタクト蒲田店周辺の

気になるお店L〜虎鉄(こてつ)


蒲田 ラーメン 虎鉄.jpg


ある程度ラーメンを探求しているものにとって、

「ラーメン店の新規開拓」というのは

重要な課題のひとつです。


自分が好きなラーメン店ばかりに、
ついつい通ってしまうのもやむを得ないという気もしますが、
いつもココロはアグレッシブなつもりなのです。

『こんなことではいけない!
 
どんどん新規開拓もして、

正しいラーメニストとしての道を

歩まなければ申し訳が立たない!!』


・・・誰に?

ま、でもとにかくそういうことなんです。


ただねぇ・・・
新規開拓っていうのもマジ、勇気が要ります。

だって、
ラーメンを食べに行くわけですから、
少なくとも腹ペコの状態なんですよね。

それで初めてのお店に行ってみて、
おいしくなかった時のショックは絶大なのものがありまっせ!! 

『俺の750円前後を返せぇ〜!!』

・・・みたいな。


2003年開業のラーメン和鉄(わてつ)

東口でも人気のラーメン店で、

よくラーメン本とかでも紹介されてます。


その姉妹店である

虎鉄(こてつ)
というお店が西口にあるのです。

場所は西口の線路沿い、
京浜東北線の大宮方面のホームからもよく見えます。
ホーム中ほどからやや大森寄りのあたりで
真正面に見えるのです。
それでも分かりにくいという場合は

コンタクトレンズの度数を

変えた方がいいかも??



虎鉄のラーメンは
ややアウトローなラーメン。

和鉄のお上品な味、
麺はまろやかで、
魚介だしが効いた和風ラーメンのイメージからは
程遠いラーメンです。

姉妹店とはいえ、
ラインは大胆に冒険したのだな、
という印象なのです。
 

スープは背脂入りの豚骨ベース。
もやしと生キャベツがバッサリと
たっぷりのせられています。

やや大きめのチャーシューは
お箸の先でデリケートにつまんであげないと
はかなく崩れてしまいそうなやわらかさ。

麺は太いです! 

そしてカタイです!
 

それなのに、それなのに、
お店の壁には「麺の固さ、脂の濃さ、調節できます」
とか書いてあるんですよ。

で、けっこういるんです、
『麺は硬めでお願いします!』
なんてリクエストしている人。


お会計をしたあとに
「次回サービス券」みたいなものがもらえます。
これを持って行くと100円相当のトッピング、
または100円相当の大盛を
無料でやっていただけるのです。

しかもそのサービス券はすぐに返してくれて、
『また次回お使いください』というありがたいお言葉!

つまりはこの券を持っている限りは

「トッピングか大盛が一生無料!」

ということになります。


そういうサービスは度外視しても、
このラーメン、
味わい深くて久々に最後の一滴まで
スープを飲み干してしまいました。


なんだかかなり

クセになっちゃうかも〜!!




いみじくも蒲田に住んでいるからには、

一度は行ってみないことには

蒲田人とは言えませんぜぃ!!






● 『食べログ』〜虎鉄情報
http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13057047/


● 今月のお買い得レンズはコレ!
協和コンタクト蒲田店 現在開催中セール情報!
http://kyowacontact-kamata2.seesaa.net/


● 協和コンタクト蒲田店 オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/


2010年12月12日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

banner_kyowacontact_s.gif

協和コンタクト蒲田店周辺の

気になるお店K〜一力 (いちりき)


蒲田 そば うどん 一力さん.jpg


最近はあんまり行かなくなったけど、
「昔ながらのお蕎麦屋さん」
っていうのがあるじゃないですか。

ざるそばや鍋焼きうどん、
その他各種のおそばやうどん
カツどん、親子丼、天丼なんかをメインにしていて、
場合によってはカレーとかラーメン、
定食なんかもやってる、みたいな。


蒲田5丁目にある一力(いちりき)さん
そんなお店なのです!



場所はアロマスクエアの西側、
蒲田駅寄りの道沿いです。

メニューの数はかなり多いのです。
普通あまりにも数が多いと、
<チカラを入れきれずに、味的にイマイチなメニュー>
っていうのが発生しがちですが、
一力さんはどれもまあまあのお味

特に、やっぱり、ざるそばがおいしいですねぇ。
麺はコシがありながらもクリーミーにまろやか。
固め好き、やわらかめ好き、中間好き、と
どのお好みの人でも満足できそうな食感なのです。


男性の場合は、
『お蕎麦が食べたいんだけれども、
それだけじゃ、あとでお腹が空いちゃうし、
かといってさらにカツどんとか付けるわけにもいかないし・・・』
と感じている人も少なくないかもしれません。

そんなペコリンさんのために、
「セットメニュー」というのも用意してあるのです。

<お好きな麺類+ミニ牛丼セット>とか
<半きつね+ミニカルビ丼セット>とか。
うれしいじゃないですか。
それでいて価格も良心的。
蒲田価格、って感じなのです。


そして看板娘
(え〜、正確に申し上げさせていただきますと、
50年ぐらい前の看板娘、その後上書き保存状態かも?)、

お店のおばちゃん

とってもいい人!!黒ハート 


商売っ気もないし、親切だし、
あたたかみを感じます。

ああ・・・、

こんなところで

予定外に癒されちゃうなんて・・・
いい気分(温泉)


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は行ってみないことには
蒲田人とは言えませんぜぃ!!





●『食べログ』〜一力情報
http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13048705/

● 今月のお買い得レンズはコレ!
協和コンタクト蒲田店 現在開催中セール情報!

http://kyowacontact-kamata2.seesaa.net/


● 協和コンタクト蒲田店 オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/



2010年10月18日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店J〜パソコンショップ enter エンター蒲田店

banner_kyowacontact_s.gif

協和コンタクト蒲田店周辺の

気になるお店J

〜パソコンショップ enter エンター蒲田店


パソコンショップ ente rエンター 蒲田店.jpg


中古パソコン販売の専門店なのですが、

とにかく安い!

ノートもデスクトップも、
たいがいは9800〜30000円程度で販売しているのです。


もちろん近年発売になったものはもうちょっとしますけど、
数年前のものであればたいがいがその程度。


きちんとメンテナンスもしてあるし、

もしも難点があれば

それもきちんと教えてくれます。



「これちょっとヒンジが緩くなっちゃってるんですよね〜」

とか、

液晶の端っこの方に暗い部分があるんですよ〜


・・・みたいな感じで。


スタッフの方々も

とっても親切で良心的なんです。


こういうお店の人って、
イメージ的にはプロフェッショナル的なとっつきにくさや、
オタクっぽい近寄りがたさがあるんですけど、
エンターさんは違います!

いろんな相談にも親身になってのってくれますし、
パソコンを購入するとオマケとか必ず?つけてくれますし。


パソコンの最新の機種を新品で買ってもいいんですけど、
何年か使ってしまえばスピードはおそくなるし、
不調が続いて油断してるといきなり動かなくなって、
「あ”〜、大事なデーターがぁ〜!!」
・・・みたいなことになっっちゃったりして。

そしてこういう時に限ってデータを保存していないっ!!

ならば、中古で充分。
エンターさんのような価格であれば、
時々買い換えたって、
いわゆる「大きな買い物」ではないと思うのです。


店舗は協和コンタクト蒲田店と同じバス通り沿い。
ブックオフさんの三叉路の手前、
牛丼の吉野家さんの左隣のビル、
紳士服のコナカさんと同じビルの1Fがエンターさんです。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、

一度は行ってみないことには

蒲田人とは言えませんぜぃ!!





● 楽天市場
パソコンショップ enter エンター蒲田店

http://www.rakuten.co.jp/enter/


● 今月のお買い得レンズはコレ!
協和コンタクト蒲田店 現在開催中セール情報!

http://kyowacontact-kamata2.seesaa.net/


● 協和コンタクト蒲田店 オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/



* 店舗画像については、
エンターさんのスタッフさんに使用許可をいただいております。
posted by カマタ君 at 17:22| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 I
〜文房具の文昇堂



蒲田 文房具 文昇堂さん.jpg


文昇堂さんはよくある町の文房具屋さんです。

場所もイマイチわかりにくいんですけど、
協和コンタクト蒲田店の歩道をあやめ橋方向に歩いて
ケンタッキーのとこを右に曲がって
ちょっと行ったところです。


まあよくあるような文具、
オフィス用品なんかが普通に販売されているのですが、
ご紹介したいのはスタッフの方の俊敏さなのです!


例えば、
ボールペンって、
持ちやすいとか書きやすいとか疲れにくいとか、
人それぞれの好みってあるじゃないですか。
そういう条件を満たしてくれるボールペンって、
なかなかな出会えないんですけれども、
出会えたとしても市販のやつとかではなくて、
以外にもどっかの景品でもらったやつとか、
業者の人が年始の挨拶でくれたやつとか、
そういう方が使いやすかったりすることって、
ありますよね?


ただそういうボールペンのインクって、
使いきってしまうと、
長さとかスプリングの太さとかがなかなか合わなくて、
「こんなに相性がいいボールペンなのに、
捨てるのは残念だなぁ〜・・・」
とか言って諦めちゃうこともあります。


そこで・・・
文昇堂さんに持って行って
「あの〜、これに合う替え芯って、ありますかねぇ・・・」
なんて恐る恐る差し出すと、
おねえさんがチャチャっと手に取って、
なんだか光にかざしたりして、
きっと小さく細かく刻まれた型番みたいなやつを
探しているんでしょうけれども、
次の瞬間にまるでマジシャンのように
「はい、これですね!」と
ピッタリ合う替え芯を差し出してくれるのです。

おおっ、スゲエ!!

それに領収書を書いてくれる時のスピードがメッチャ速い! 
普通は
「え〜、宛名はどうしましょうかぁ・・・??? 
それから、お品代でいいですかぁ・・・???」
・・・なんて、
ちょっとじれったいシーンによく出くわしますよね。

文昇堂さんはチャチャっと、
2秒ぐらいで書いてくれちゃうのです!
・・・プロですね。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は行ってみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!



● 文昇堂オフィシャルサイト
http://www.bunshodou.co.jp/


● 「エキテン!」文昇堂さん紹介
http://www.ekiten.jp/shop_104020/


● 今週のお買い得レンズはコレ!
現在開催中セール情報!
http://kyowacontact-kamata2.seesaa.net/


● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/index.html




2010年05月01日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 H〜食道園


蒲田 炭火焼 焼肉 食道園.jpg


蒲田で焼肉といえば、どういうわけだか食道園!!

家族で行ったとか、職場で行ったとか、
友達と行ったとか、HPを見て行ってみたとか、
よく話を聞くので行ってみたとか、
蒲田人であれば何らかの形で
人生のうちに一回は行っているのかもしれません。

そして定期的に焼肉を食べないと生きていけない人・・・
って、いますよね? 
そういう焼肉ジャンキーたちにとっても、
食道園というお店は特別な存在であるようなのです。


『まあ、日頃は牛角とか牛繁にはよく行ってるけど、
今日は食道園でいこう!!』

・・・みたいな感じで、
ある程度の頻度で足を運んでしまうようです。

例えば・・・


本当にきちんとした焼肉を食べたい時には食道園にする

家庭内の比較的重要なイベントの時は食道園にする

けっこう久しぶりに複数の友達が集まった場合は
食道園にする

四季の中に、定期的に食道園をさしはさんでいる



・・・と、
『キメる時は食道園でキメるんだぜ!!』
・・・みたいな傾向があるようです。

ひょっとしたら、
これが正しい蒲田人の在り方なのかもしれません。


ま、確かに肉はいいものですよね。
間違いがない。
おいしいっです。
金額を出すだけの満足感は得られます。
そして『食道園で食べたんだ』という
気持ち的な充足感も得られます。

これは同じヴィトンのバッグを買ったとしても、
ディスカウントショップで買った時よりも、
ヴィトンの直営店で買った方が気分がいい、
みたいな感覚に近いのかもしれません。


そうか、蒲田人のステイタスは食道園にあったのか・・・


思わずライス大盛りを注文して、
焼肉をおかずに普通にモリモリと食事してしまう、
という光景もよく見かけるのです。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!



● 食道園オフィシャルサイト
http://www.shokudoen.co.jp/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

2010年04月12日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 G
〜さくら水産蒲田東口店


さくら水産蒲田東口店.jpg


さくら水産、と言えば、
全国的に知られているのが<お父さんたちの聖地>!!

客層の平均年齢は間違いなく50歳以上! 
間違いないでしょう、たぶん・・・。

夕方4時にはすでに開店しているので、
その時間に行ってみたりすると・・・

おおっ!! 
黒ホッピーに白ホッピー、
お父さんたちがすでに飲んでるじゃないですかっ!!

しかもスーツ姿の明らかに仕事帰りのいでたちで! 
みなさん、お仕事とか、どうしちゃってるんですか??

それにそれに、
ホッピーに白と黒があったなんてこと、
ここに来て初めて知ったような気がします。


さくら水産と言えば、
いろんなところに店舗がありますけど、
蒲田のさくら水産はいつもギッチリ満員です!!
やはりあの値段ですからねぇ・・・

一品が100円台、200円台、
もしくは100円以下っていうのも、
今どきなかなかありませんからねぇ・・・。

それにランチもやってるんですよ、意外にも。
それがこんなに世界的な大不況だってのに、
しかも不景気の中心地・蒲田だっちゅうのに、
税込み500円ですよ!

嬉しいじゃありませんかぁ、蒲田らしくていいですねぇ・・・。

テーブル席とコの字型のカウンター、
そして座敷席をけっこう広い広い!
 
それをグルっと一望に見渡せるっていう構造も
スタッフが機能的に動けるようによく考えてあるなぁ〜
と感心してしまいます。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!




● さくら水産オフィシャルサイト
http://www.teraken.co.jp/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

posted by カマタ君 at 15:30| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 F

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 F
〜タンタン麺のパンダ



蒲田タンタン麺パンダ.jpg


この店構えの画像を見て、
『これはタンタン麺のパンダだっ!』
・・・と瞬間的に判断ができなかったとしたら、
これは相当ヤバイです! 
蒲田人として失格してしまうかもしれません。

まさかそんなことはないとは思うのですが、
万が一、パンダをご存じなかったとしたら、
チャリンコを漕いで、
もしくはタクシーを呼んでしまうぐらいの
気概があってもいいかもしれませんが、
今すぐに食べに行ってみてください、こっそりと。
そして「正しい蒲田人」の条件を満たしてください。


代表的なメニューはもちろんタンタン麺!!
ひょっとしたら、
人生で食べた中で最高においしいタンタン麺である、
と確信してしまうかもしれません。

ある程度おいしいタンタン麺とか、
まあまあおいしいタンタン麺とか、
けっこうおいしいタンタン麺、っていうのは、
きっと今までの人生で
何回か出会ったことがあったとは思います。

しかし、このパンダのタンタン麺は
あなたの人生に鮮烈なインパクトをくらわすことでしょう。

うまい!!

とにかく食べてみてください!
・・・あ、それから焼きそばもおいしいですよ!


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!




● 京浜蒲田商店街あすとオフィシャルサイト
http://www.kamata.or.jp/pr/panda/index.html

● 『食べログ』〜パンダ京急蒲田店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13022008/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/index.html
posted by カマタ君 at 10:51| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 E

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 E
〜金春(こんぱる)


蒲田金春さん 羽根餃子.jpg


蒲田の名物といえば、羽根餃子!!

でもですね、
いわゆる蒲田の羽根餃子のいくつかの有名店よりも、
羽根餃子をウリにしていないお店の羽根餃子の方が
意外に味が良かったりするのって、
蒲田のみなさんならある程度はご存知なのかもしれません。

ご紹介したいのは、
京急蒲田のアーケードあすとの中にある
金春(こんぱる)さんです。

たいがい、混んでます。
外で待つ、なんてことも時々あります。

でも、待つ甲斐はあります!


この羽根餃子、超メッチャクチャジューシー!!

もう間違いなく、
ショウロンポウよりもジューシーです!!

・・・ん?
いいのかな? こんなことって。


一階はカウンターだけあって、
餃子をはじめ、ラーメンとかが気安く短時間で食べられます。
お二階はテーブル席で、2名以上で行って、
ゆっくりと落ち着いてあれこれ食べる、といった感じでしょうか。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!




● 【ぐるなび】金春本館
http://r.gnavi.co.jp/g642600/?no=


● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/

posted by カマタ君 at 14:55| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 D
〜SHOTBAR ふくろう


SHOTBAR ふくろうさん.jpg


ショットバーというと、
薄暗くて、しっとりとした雰囲気で、ジャズが流れてて・・・
ピシっと決めたバーテンさんが
スタイリッシュにシェーカーをシャカシャカしてる・・・
なんてイメージですよね。

悪く言えば、一般的なショットバーは、
そういうショットバー然とした雰囲気を壊すことが
暗黙のうちにタブーとされているのかもしれません。
ショットバーは静かにおごそかに落ち着いて
グラスを傾けていなければならない・・・
みたいな。

SHOTBAR ふくろうも
もちろんそんな世界を展開していますが、
ただここは蒲田ですからねぇ・・・

蒲田生まれの蒲田育ちのボクたちに
そんな紳士的な態度を持続するのは座禅よりもキビシイ話??
・・・とは言いませんが、ある程度そうですよね?


SHOTBAR ふくろうは、
ショットバーの雰囲気を押しつけるのではなく、
お客さん次第で
それなりに飲ませてくれる貴重なお店なのです。

バーテンさんもサザエさん的な蒲田気質のお客さんに対しては
それなりに楽しく接してくれます。
静かに飲みたければ、バーテンさんも雰囲気を演出して
そんな時間を維持してくれます。

『スコッチっていうのもたまにはいいもんですねぇ・・・』
なんて話しかけると、
バーテンさんも
『このスコッチはですね、舌の奥のほうに乗せて、
上顎にこすりつけるようにして味わうと、
チョコレートのような甘い味わいがあるんですよ、
ほら、ここ、この本のここにも書いてあるんですよ・・・』
・・・なんて言いながら、
カウンターの下の方から
『世界スコッチ事典』みたいな本を取り出してきて
説明してくれたりするのです。


・・・スタイリッシュな蒲田、ここにありです。


場所は東口のバス通り右の歩道をみずほ銀行、
ホテル東横イン、
その隣の協和コンタクト蒲田店、と進んで、
その先のケンタッキーの角を右に入ります。
その道沿いの左側3ブロック目、
ステーションプラザというマンションの1階にあるのです。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!



● SHOTBAR ふくろうオフィシャルサイト
http://www.shotbar-fukurou.com/


● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/
posted by カマタ君 at 15:58| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 C
〜タージタンドール



インド料理 タージタンドールさん.jpg


蒲田駅東口からあやめ橋に向かうバス通りに面しながら、
あんまり目立たないこのお店。

協和コンタクト蒲田店の右隣のホテル東横インの右隣のビル。
歩道からちょっと奥まったところに入り口がある、
っていうのもその一因ではありますが、
歩道にいつも立て看板が出してあるのが目印。

でもですね、ここのインド料理はかなりおいしいですよ!!
インドカリーはもちろんなのですが、
タンドリーチキンとフィッシュティッカは
絶品かもしれません!


ところがカリーの辛さはちょっと控えめ。
ある程度、辛さがないと満足できない場合は
『少し辛くしてください』・・・という表現ではなくて
『かなり辛くしてください!』
・・・とリクエストしましょう。
<少し辛い>という表現だと、
ほんとに少しだけ辛いだけになってしまってもの足りません。


客層は日本人はもちろん、
インドのかたも多く来店しています・・・っていうか、
蒲田って、こんなにインド人がいたんかい??
・・・と思わずそっちの方の心配をしてしまいますけど。

それに仕事帰りの
<お一人様客>っていうのもけっこう見かけます。
仕事のあとでおなかがペコペコになって、
『あ〜、タージタンドールのカリー食べたい〜!
一人でもいいから行っちゃえ〜!!』
・・・という気持ちは充分理解できます。

個人的には、このお店はいつまでもあって欲しいです。
閉店しちゃったりしたら、ものすごく困る!!
 
ここのカリーとタンドリーチキンが食べられない人生なんて、
絶対イヤだっ!!

いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!



● タージタンドール オフィシャルサイト
http://www.echirashi.com/tajtandoor/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/

posted by カマタ君 at 15:28| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 B
〜和鉄(わてつ)


蒲田ラーメンつけめん和鉄.jpg


協和コンタクト蒲田店がある蒲田5丁目だけでも、
かなりの数のラーメン店さんが増えてきました。
その中でも長年人気が絶えないのが
2003年開店の和鉄(わてつ)さんです。

ラーメンのグルメ本とかでも時々紹介されていて、
今や「蒲田でもっとも有名なラーメン店のひとつ」という存在になっているようです。


メニューは4つだけ。
中華そばとつけそば。
それにそれぞれ具をバラエティーにした
和鉄中華そばと和鉄つけそば。

こういうシンプルなメニューで勝負し続けているというのも
長く支持される所以なのかもしれません。
しかもどれを選んでも、大盛りは無料!
うれしいですねぇ〜!


麺はクリーミーな感じでお上品な味。
どうしても、どうしてもスープを飲み干してしまうのです!!

スープがとってもおいしいんです。
中にはつけ麺を食べ終わったのに、
スープだけ追加して飲んでる、
なんてマニアの人も時々見かけてしまうぐらいです。


しかしですね、
あ〜、ラーメンを食べたな〜、ふぅ〜、油ギッシュ。。。
という感覚はほとんどありません。
味わい深いのに後味スッキリ、という感覚でしょうか。

知り合いの女性で
『ラーメンは食べたいんだけど、
食べたあとで来るあのラーメン食べました!
・・・っていう胃袋の重さがイヤなんです・・・』
と常々語ってた人がいるのですが、
その彼女に和鉄さんで食べていただいたところ、
『こんなに後味スッキリなラーメンは初めて!』
という感想を述べておりました。

雰囲気は清潔感があって、女性一人でも充分入り易いし
女性がお一人で食べている風景を見ても
まったく違和感を感じない印象です。

たいがいは満席に近い状態なっているのをよく見かけますが、
お昼以外は並んで待つとか、ちょっと今日はあきらめるかな・・・
いうことはないようです。


JR蒲田駅の東口を出て、
ロータリーの横断歩道を渡ると左にローソン、
右にパチンコ金時がありますが、
その真ん中の道を入って最初の四つ角の斜め右にあります。
横断歩道の信号で引っかからなければ、
徒歩1分以内といったところでしょうか。

いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は食べてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!



●【ぐるなび】和鉄蒲田店情報
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g824800n.htm

●【食べログ】和鉄蒲田店情報
http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13005111/

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

posted by カマタ君 at 17:20| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 A
〜バーバー本宮



蒲田 床屋 バーバー本宮さん.jpg


蒲田駅前の床屋さんといえば、
やっぱりバーバー本宮さんかな、
と思ってしまいます。


なんつったって料金が安い! 
今どき2500円ですよ!

最近は4000円っていうのが普通ですから、
月に一回行ったとしても一年で計算すれば18000円もオトク! 
18000円あれば、ちょっとした大物を買えちゃいますからね! 
もちろん洗髪や顔剃りやマッサージもきちんとしていただけます。

それに比較的、待ち時間が短いですね。
というか、待合室の椅子に腰掛けてじーっと待たされた、
ということ自体があまりなくて、
たいがいは入店すると
待たずにできることが多いように思います。

スッタッフさんも何人かいるし、
みなさん手際よくてきぱきとやっていただけるので
回転がいいってことなのだと思います。


何年も通っていればわかってくれるのでしょうけども、
床屋さんって、
『こういう髪型にして、これぐらいの長さにして欲しいんだ!』
っていうのを毎回毎回説明しなきゃならないのって、
だるいですよね。
『もう何回か来てるんだから、いいかげん覚えてくれよ〜』
みたいな。

本宮さんはお客さんとの阿吽の呼吸というか、
『自分のことをわかってくれてるんだな』
という実感があるのです。

つまりは、満足度が高いということなのでしょうね。

それに蒲田特有の気さくな印象で、
初めて利用した人でもいつの間にかなんとなく、
親戚の人としゃべっているような感覚に
なってしまうかもしれません。

手際のよさとファミリーな雰囲気、そして良心的な価格。
これはオススメです!

場所は蒲田の東口を出て左の歩道を徒歩30秒。
ドトールの2軒右隣です。


いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は覗いてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!




● バーバー本宮オフィシャルサイト
http://www009.upp.so-net.ne.jp/bar-ber1/index.html

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/

● 協和コンタクト蒲田店オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/


*画像の使用については、バーバー本宮さんのマスターのご了解をいただきました。
ありがとうございました。
posted by カマタ君 at 10:47| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 @

協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 @
〜えとせとらレコード蒲田店



蒲田えとせとらレコードさん.jpg


マニアやコレクターにとってはどれだけお金がかかっても、
またはどんなに労力をかけても入手したい
CDやアナログレコードというものがあるようです。

今でこそネットオークションで欲しいものは
おおかた手に入れることができますが、
それ以前は
『廃盤レコードや稀少CDと言えば、
蒲田のえとせとらレコード!!』

と言われていたのです。

それは蒲田エリアや東京だけに限らず、
日本全国、どんなコレクターたちに聞いても
そう答えるのが常識だったのです。

えとせとらレコード蒲田店は
廃盤専門店のキングなのですっ!!


そうそう、
そういえばテレビ東京の『出没!アド街ック天国』
蒲田を特集した時にも、しっかりと紹介されてましたっけ。

これです!(なぜか18位)
↓↓↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/040626/index.html


オークション全盛の現在でもその実力は健在。
だってオークションには出品されていない隠れた名盤だって
ゴマンとあるワケですから、
やはり実店舗に行ってみないことにはマニアの名がすたる!?


でも名盤って、何なんでしょう??
例えば、
吉田拓郎さんのアルバム『今はまだ人生を語らず』の中の
『ペニーレーンでバーボン』という曲の歌詞に差別表現があって
二十年ぐらい廃盤になりっぱなしで入手困難。
オークションでも数万円で売られていて、復刻の見込みもなし・・・

・・・というのは確かにレアな名盤なのかもしれません。
でもこのアルバムを何とか手に入れたい!
と考えている拓郎ファンは日本中にけっこういると思うのです。

そしてこのアルバムを所有していて、
高値がついてるからオークションや中古店に売って
お小遣いを稼ごうと思っている人も少なくはないはずです。


それではこんな人がいたとしたらどうでしょう。
シェキイ・スティーヴンスの『よろしくシェイキイ』が欲しい! 
超マイナーで認知度はゼロに近いかもしれないけれど、
10代のころに毎日毎日聴いたお気に入りのレコードである!
自分にとってはこれこそが名盤なのだ!!

・・・でも残念ながら、その後CD化もされていないし、
レコード自体もオークションで見かけた試しがない! 
持ってる人も少ないだろうし、
もう入手は不可能なんだろうなぁ〜。。。

こういう時こそ、
えとせとらレコードさんに出向いてみて欲しいのです。
それで見つからなかったとしても、
そのアイテムの過去の動向とか入手の見通しとかを、
プロフェッショナルなスタッフさんが親切に教えてくれるのです。

しかも、たいがいの場合、
こちらの超個人的で超マイナーな質問にも
即答してくれることが多い
から、
これにはビックリ!!


でもこのえとせとらレコードさん、
お店はハッキリ言ってスゴイです!!

何がスゴイかっていうと、この際キッパリと断言しておきましょう、
ものすごく狭いんです!!

狭いスペースの中にレコードやCD、ビデオ、
DVD等がギッチリと収まっているのです。
大きな荷物を持ったままで入場するのはキケンかもしれません。
メタボが進行している人はちょっとダイエットしてから
来店していただいた方がいいのかもしれません。
でもね、こういうマニアックなフンイキがいいのですよねぇ・・・。

もちろん廃盤になってないCDなんかも
格安で販売してたりしますから、
欲しかったCDを数百円でゲット!・・・
なんてこともよくあるのです。

いみじくも蒲田に住んでいるからには、
一度は覗いてみないことには蒲田人とは言えませんぜぃ!!


蒲田えとせとらレコードさん地図.gif


● えとせとらレコード オフィシャルサイト
http://www.etcrec.co.jp/

● カマタンblog(蒲田のみネタにするブログ)
http://kamatan.blog119.fc2.com/

● 協和コンタクト蒲田店 オフィシャルサイト
http://www.kyowacontact-kamata.com/

*画像の使用については、えとせとらレコードさんのご了解をいただきました。
ありがとうございました。
posted by カマタ君 at 18:05| 協和コンタクト蒲田店周辺の気になるお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする